海外で働く方法

海外で経理・財務の経験を活かして働く方法

更新日:

財務・経理などの管理実務経験を持った人材は海外でも非常に重宝されます。

一般的に日系企業が海外へ現地法人を設立する時は、現法のトップとして日本人の営業マンが赴任する事が多いです。

その後、現地法人の規模が大きくなってくると、社内の管理や会計、キャッシュフローなどを総合的に現地法人のお金や人の管理が出来る人材を増員する必要が出てきて、海外求人が出ます。

会計や財務の仕事は業種に関わらず存在する為、求人が無くなる事はありません。また、経理・財務・会計の実務経験がある方は国内の転職市場と同様に海外の求人も多く、待遇も良い事が多いです。

今回はこれらの職種の海外転職の方法について詳しくご紹介していきます。

 

資格よりも実務経験が大切

公認会計士や税理士などの資格があればもちろん転職時に大きなアピールポイントになります。

しかし海外転職に限って言えば、未経験の人はかなり就職が厳しいです。反対に、実務経験があれば資格がなくても海外転職ができる可能性が高い職種です。

いくら資格があっても、日系企業の海外現地法人で実務を教育できる人材を確保する程余裕のある会社は少ないです。そのため、即戦力となる実務経験者が常に求められています。

また、これらの職種の経験がある人材は【専門性の高いエキスパート】として扱われ、就労ビザ申請時にも申請が通りやすいです。

 

 

海外求人で求められる条件

  • 国際会計の実務経験
  • 国際会計基準対応経験
  • 海外法人との連結決算作業経験
  • 会計監査人との協議経験
  • CPA等の会計税務関連の資格
  • 海外現地法人の経営管理、業務管理経験
  • その他人事、労務など管理業務経験 など

 

海外勤務時の主な仕事内容

一般的には財務だけ、会計だけという感じではなく、管理Managerとして総合的に働く場合が多いです。海外現地法人のCFOとして人事・総務・会計・財務など全てを見る経験ができるチャンスでもあります。国際会計や国際財務の知識と経験を得る事は、帰国後のキャリアアップにもつながります。

 

経理・会計の仕事

日系海外求人の場合、アジア圏の製造業や海外調達拠点での原価管理業務の募集が非常に多いです。

  • 給与計算
  • 売掛金の回収・買掛金の支払い
  • 月次決算
  • 原価計算

 

財務の仕事

財務関係の仕事は、近年日本企業の中でもCFO(最高財務責任者)という肩書きが一般的になってきたこともあり、人気が高いです。海外現地法人は本社と比較して資本金が少ない事が多い為、予算やキャッシュフローの管理は非常に重要視されます。

  • 予算管理
  • 資金調達
  • 試算調整
  • キャッシュフロー管理
  • 現地法人の財務戦略立案・実行

 

上記のような会計、財務、経理の一般的な業務だけにとらわれず、人事管理や労務管理など現地法人の運営全般のコントロールを任されるケースも多く、非常にやりがいのあるポジションの求人がたくさんあります。

 

 

英語力は必要?

日系企業なら最低限でOK

日系企業の現地法人の場合、法人のトップや役員のポジションで財務経験のある人間を配置し、その下にその国特有の会計、財務、経理に精通した現地スタッフのManagerを配置する場合が多いです。

その為、日系企業の経理部門や財務であれば、語学力不問・日常生活レベルの英語でも問題ない所が多いです。

 

外資系は英語力が必須

外資系のFinance, Accounting部門の求人の場合は、資金調達で現地の銀行と調整する事も多い為、ビジネスレベルの流暢な英語力が求められます。

ただし、私が見た中では外資系の会計事務所で日本企業の海外法人向け営業職のなどは、英語力不問の求人もありました。英語力が不安で、海外就職を諦める事はないです。

 

 

海外の経理・財務・会計求人に強い転職エージェント

経理や財務、会計の実務経験がある人向けの海外求人は求人も多く、高待遇な場合が多いので非常に人気です。その為、一般的にオープンになっている求人はすぐ募集が埋まってしまいます。

その為、【海外求人が豊富】【非公開求人】が多い転職エージェントから良い海外求人案件を紹介してもらう方法がおススメです。

 

管理部門特化型のNo.1転職エージェント MS-Japan

転職エージェントのMS-Japanは管理部門で実務経験がある人の転職に特化した転職エージェントです。経理や財務の海外求人、しかも外資系やグローバル企業の駐在員案件が充実しています。

経理・人事・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士に特化している事もあり、公開されている海外求人の質も十分高いですが、非公開求人が全体の90%を占めている為、エージェントに非公開求人を紹介してもらう事が海外転職成功の近道です。

今までの経理や財務の経験を活かした海外転職なら、絶対に押さえておきたい転職エージェントです。

 

>>MS-Japan公式HPへ<<

 

財務・経理・会計の海外就職を目指すなら絶対利用すべき2つの転職エージェント

MS-Japan

管理部門特化のエージェント。外資系・駐在案件も豊富 管理部門の求人に特化した他には無い転職エージェント。 外資系・グローバル企業の海外駐在案件も充実しており、非公開求人も全体の90%。 財務・経理・会計・税務・法務などの管理部門で実務経験があり、海外就職を目指す人は絶対にチェックすべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

転職成功実績、求人数は国内No1

国内転職サービスの最大手、リクルートが提供するエージェントサービス。
グローバル展開している日系企業の駐在員候補や外資系企業のハイレベル求人はもちろん、非公開の優良現地採用求人も多数。累計30万人以上の転職成功実績は信頼の証。

まずは押さえておきたい必須エージェント

JACリクルートメント

海外求人特化の外資系エージェント

リクルート、インテリジェンスに次ぐ業界3位。
イギリス発の外資系のエージェントで、外資系・日系海外求人数が非常に多い。駐在員候補や、外資系の現地採用求人も豊富。また、英語面接の練習や、エントリーシート指導なども充実。

外資系の海外勤務を目指すなら登録必須!

↓お役に立てたら是非シェアお願いします↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-海外で働く方法

Copyright© 海外就職のABC , 2017 AllRights Reserved.