海外転職活動にJACリクルートメントをおすすめする3つの理由

外資系求人数が断トツの転職エージェント!

JAC Recruitmentは、リクルートエージェントと同様に海外就職(海外求人)に非常に強い転職エージェントです。

個人的には、リクルートエージェントとJAC Recruitmentさえ登録しておけば、国内での海外転職活動は十分だと思います。(色々な所に登録しすぎても面談とかが大変で現実的じゃないです。)

リクルートエージェントは日系の海外求人に強く、JAC Recruitmentは外資系の海外求人に強いという特徴がありますので、是非この2つは両方登録しておきたいエージェントです。

ここでは、JAC Recruitmentを選ぶべきおすすめポイントについて、詳しくご紹介していきます。

 

その1:圧倒的な海外求人件数

JAC Recruitment(JACリクルートメント)は、日本の転職エージェント業界では3位ですが、一番の強みは【外資系・日系問わず海外求人が豊富】という事です。

登録前に見れる公開求人だけでも海外求人が300件を超えており、さらに60%は非公開の求人ですので、実際は倍以上の海外案件が揃っています。

 

 

何故、海外案件に強い?

もともとJACリクルートメントはイギリス発祥の外資系企業です。日本とイギリス以外にも海外拠点を持っている為、現地ならではの求人情報も紹介してもらえます。

リクルートエージェントは東南アジアの求人に強いですが、JACの場合はアジア圏だけでなく、北米・南米・ヨーロッパ各国の求人も豊富にそろっています。

 

外資系の海外求人案件が豊富

これも、外資系転職エージェントならではだとは思いますが、国内の他の転職エージェントに比べて外資系の海外転職求人がかなり多いです。もちろん、求められる水準も高いものが多いですが、自分のキャリアや経歴・専門分野とマッチすれば年収の大幅アップも実現可能です。

私の場合は、香港が好きだったので香港の非公開求人を紹介してもらい、最終的に外資系の香港勤務の内定を手にする事が出来ました。また、管理職(Manager)として採用されたので年収もかなりアップして満足しています。

 

 

その2:経験豊富なコンサルタントが全面サポート

転職サイトとエージェントの一番の違いは、担当者がついてサポートしてくれる事です。特にJACは海外求人取扱い経験の豊富なキャリアコンサルタントがついて、海外就職を全面的にサポートしてくれます。

具体的には英文のレジュメ(履歴書・職務経歴書)の添削や、英語による面接のシミュレーションや指導など、海外転職活動ならではの【壁】を一緒に乗り越える手伝いをしてくれます。

 

採用決定後もフォローしてくれる

また、内定(採用決定後)の年棒の交渉などもコンサルタントが雇用主と直接交渉してくれます。特に外資系の企業の場合、年棒の交渉などができないと損をしやすい傾向にある為、コンサルタントが交渉してくれるのは非常に助かりました。実際、日本企業に勤めていたら【給料の交渉】なんてほとんど経験ないですからね。

 

 

その3:30代以上のハイレベルな求人が多い

転職成功者の80%が30代以上

JACリクルートメントで転職成功される人は30代歳以上の「バリバリ働いて脂がのっている」人が多いです。採用先も外資系や日系駐在員などの高待遇・高ポジションのハイレベル求人が多い事も理由の一つだと思います。

【前職での経験やキャリア】を活かせる求人が多く、転職成功される方々の業種は、管理職、専門分野のスペシャリストやエンジニア等多岐に渡ります。特に日系企業の駐在員求人などでは、工場や生産拠点の海外進出に伴いエンジニアの求人も多くありました。

今までの経験を活かして海外で仕事をし、更にキャリアアップもできたら最高ですね。

 

 

★私が実際に利用した感想

英文レジュメ作成と英語面接支援が助かる

私自身、駐在員の経験はありましたが、外資系企業への転職は初めてだった為、英語でレジュメ(履歴書・職務経歴書)なんて作った事もありませんでした。

企業に実際に応募する前にコンサルタントに何回もチェックしてもらって、面接前は英語の面接のシミュレーションもしてもらいました。

おかげで、面接本番はある程度自信を持って対応する事が出来ました。

 

担当者は少しドライ?

担当者(コンサルタント)はリクルートエージェントと比べて【ドライ】な印象です。リクルートエージェントは熱意あふれる体育会系気質でしたが、JACリクルートメントは外資系ならではのスマートさを感じました。

個人的には外資系のそういったドライでスマートな雰囲気にも憧れていたので特に疑問に思う事はありませんでしたが・・・どちらにせよ【受け身ではなくやる気をコンサルに伝える】と言う事が一番大切です。受け身で待っていても海外転職は成功しません。

 

 

まとめ

海外転職を目指すならJACリクルートメントは必須!

海外求人案件、特に外資系企業の求人はJACリクルートメントがダントツです。リクルートエージェントも日系企業の駐在員案件などは非公開で良い求人がありますので、JACとリクルート両方に登録して、並行して転職活動をする事を強くおすすめします。

エージェント抜きに転職活動を進めると、好条件の非公開求人をたくさん逃してしまう可能性が大きいです。転職は求人の質とタイミングが非常に重要なので、機会損失を極力避ける為にJACリクルートメントに登録しておいて損は無いです。

 


 

 

海外就職を目指すなら絶対利用すべき2つの転職エージェント

リクルートエージェント

転職成功実績、求人数は国内No1
国内転職サービスの最大手、リクルートが提供するエージェントサービス。
グローバル展開している日系企業の駐在員候補や外資系企業のハイレベル求人はもちろん、非公開の優良現地採用求人も多数。累計30万人以上の転職成功実績は信頼の証。
まずは押さえておきたい必須エージェント

JACリクルートメント

海外求人特化の外資系エージェント
リクルート、インテリジェンスに次ぐ業界3位。
イギリス発の外資系のエージェントで、外資系・日系海外求人数が非常に多い。駐在員候補や、外資系の現地採用求人も豊富。また、英語面接の練習や、エントリーシート指導なども充実。
外資系の海外勤務を目指すなら登録必須!

更新日:

Copyright© 海外就職のABC , 2017 AllRights Reserved.