管理部門経験者の海外転職にMS-Japanをおすすめする3つの理由

管理部門特化のエージェント 外資系・駐在案件も豊富!

 

MS-Japanの概要

経理や財務、会計士、税理士、人事、総務などの管理部門や事務系と呼ばれる職種に特化した転職支援サービスです。

リクルートから独立した同社の代表が、1995年に管理部門に特化した人材紹介事業としてスタートさせたサービスで、創業からの25年間で延べ2万人以上の転職をサポートした確かな実績があります。

サービスを利用した求職者からの評価が非常に高く、2015年に楽天リサーチが発表した人材紹介会社利用実績ランキングでは、管理部門に特化した転職サービスで1位を獲得しています。また、独自アンケートでは、サービスを利用した求職者の90%以上が「次の転職でも利用したい」と答えています。

以下は、具体的なMS-Japanのおすすめポイントを3つご紹介します。

 

 

その1:管理部門特化型ならではのハイクラス求人

MS-Japanの一番の特徴は、【管理部門の職種に特化した転職エージェント】という事。

事業会社の管理部門(経理・財務、人事・総務、法務、経営企画等)と、スペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)に特化しています。

管理部門系の求人の質と量は圧倒的です。上記の職種で実務経験がある方はMS-Japanで転職サービスを受けるメリットがあります。

特に経理や財務の実務経験がある方は、海外でも需要が高く、求人の質も高い傾向にありますが、MS-Japanは他の転職エージェントや転職サイトが扱っていない経理、財務系の海外求人をたくさん扱っています。

グローバル企業や外資系企業の求人も多く取りそろえており、海外現地法人での経理・財務業務などの駐在員としての募集もあります。駐在員の募集は高待遇な事が多いので、収入アップ、キャリアアップのチャンスです。

 

 

その2:非公開求人が90%以上

MS-Japanも他の転職エージェント同様に、大多数の求人案件は非公開で個別に求職者に紹介する方法を取っています。必然的に非公開求人の待遇や条件は非常に質の高いものが多いです。

また外資系企業もほぼ非公開求人の為、実際に登録して担当アドバイザーに紹介してもらわないと詳細が分かりません。非公開求人の中にはニッチなジャンルで給料が良い会社など【隠れ優良企業】も多いです。

 

基本的に、海外就職で高待遇の求人は非常に人気が高い為、非公開求人を中心に転職エージェントからタイムリーに紹介してもらう事が非常に大切です。

 

 

その3:外資系・グローバル企業特化のキャリアアドバイザー

転職エージェントサービスの為、登録後は業界に詳しい担当キャリアアドバイザーがつき、一緒に転職活動を進めて行きます。管理部門の転職に特化したキャリアアドバイザーが豊富な同社ですが、海外外資系、グローバル企業に特化したキャリアアドバイザーもいます。

外資系企業やグローバル企業と一口に言っても、会社の国籍や社風、特有の商習慣など国によって日本と全く違う事がある為、経験豊富なキャリアアドバイザーのサポートは非常に心強いです。

もちろん、レジュメの添削や面接の練習もサポートしてくれます。

 

>>MS-Japan公式HPへ<<

 

 

まとめ

管理業務経験者ならMS-Japanは絶対に外せない!

経理・財務・会計などの専門知識は海外就職活動においても有利に進める事ができる重要な経験値と実績です。海外就職でこの経験とキャリアを活かさないてはないです。

管理系の転職に特化した転職エージェントならではのコネクションや情報量、求人の質の高さを考えるとMS-Japanは絶対に抑えておくべき転職サービスです。

海外転職活動の場合は特に、転職エージェント抜きに転職活動を進めると好条件の非公開求人をたくさん逃してしまう可能性が大きいです。転職は求人の質とタイミングが非常に重要なので、機会損失を極力避ける為にも、MS-Japanで自分の経験を活かせる非公開求人のオファーを受ける事が、海外転職成功の近道です。

 

 

>>MS-Japan公式HPへ<<

更新日:

Copyright© 海外就職のABC , 2017 AllRights Reserved.